なぜ宇都宮と浜松で餃子が有名なのか、その違いは?

日本における餃子の消費が多い地域

日本で餃子の消費が多い地域として、栃木県の宇都宮市と、静岡県の浜松市が有名で、その消費量の日本一を常に争っていることは有名です。

宇都宮といえば和商コーポレーションの餃子が美味しくて有名ですね。

和商コーポレーション

でもなぜ、この地域で餃子の消費が多いのでしょうか。

宇都宮では戦時中、日本陸軍でも永らく中国の満州に派遣されていた部隊が宇都宮市にありました。

満州で戦った兵士が満州で食べていた餃子をよく食べるようになったことがその始まりとされています。

しかし、それだけでは現在のような消費量日本一にまでは発展しません。

栃木県はさらに、材料であるにらは年間生産量全国のトップクラスの生産量を誇っていることも要因となったようです。

さらに、栃木県はこれといった観光地や名産品がありませんでした。

自治体の活性化のためには名産品は欠かせません。

そこで、注目されたのがギョウザでした。

1990年からの町おこし政策の一つとして発展し、現在に至っています。

その経過の中では宇都宮駅前にギョウザの石像が建てられるなど官民一体となって町おこしが行われています。

一方、浜松も同じように中国がルーツとなっていますがその歴史は宇都宮よりも古く、大正時代にさかのぼります。

浜松にはもともと、中国人が多く中華料理店を営んでいたところも少なくありませんでした。

そこでは中国の本来の水餃子ではなく、大正時代から焼いたものが提供されていたようです。

戦争を経てその流れは受け継がれ、また、隣の県である愛知県では材料であるキャベツの生産が盛んであること、また、浜松市内ではもともと養豚業が盛んであることから材料の調達がしやすかったこともあげられます。

こう見てみると、基本的な両地域の特徴が似ていて、もともとギョウザを食べる地域であると同時に周辺に材料が豊富にあったということが理由のようです。

地域ごとの特徴

それぞれの地域のギョウザにはそれぞれの特徴があります。

宇都宮では使う野菜は白菜がメインとなりますが、浜松ではキャベツと玉ねぎがメインとなります。

さらに、使われる餡になかに混ぜられるお肉の配合比率も違います。

宇都宮の方が野菜の比率が高く浜松のほうがお肉の比率が高くなるようです。

浜松の養豚業が盛んなことが理由にあるのかもしれません。

もう一つ、大きな違いは食べるときの付け合わせです。

宇都宮では付け合わせがほとんどないのに対して浜松では軽く茹でたもやしの付け合わせが付いてきます。

いずれにせよ、どちらの餃子も特徴があり、とてもおいしいものです。

これからも切磋琢磨しながらそれぞれの食文化を盛り上げていってほしいものです。