省エネにはエスコシステムズ

社名であるエスコシステムズの名前の由来は日本の課題とされている省エネの問題から生まれてきた対策であるエスコ事業が由来となっています。

その仕組みを人同士でつなぎ合って力としていくという思いを理念としており社名にも繋げています。

会社の発足時は4名でエスコ事業を始めましたが短い期間でたくさんの支援者と繋がることができ、日本の様々な地域の知識や経験が豊富な同志とエスコシステムズを設立しました。

株式会社エスコシステムズは東京都の中央区の月島にあり、電気工事業に関わる設計や施工及び保守や、太陽光発電システムなどの住宅用のエネルギー機器などの販売やその取付工事の施工や保守をおこなっています。

また、住宅や住宅設備を企画して設計し、施工やリフォームをしたり、セキュリティシステムの開発や販売や、保守サービスの事業も執り行っています。

さらに、古物営業法に基づく古物商なども行なっています。

代表取締役は岡崎良平となっており、創業は2011年4月です。

社名の由来ともなったエスコ事業とはエネルギーサービスカンパニーの略となります。

エスコ事業を基軸として、家庭や工場などで利用されている光熱費を削減できるような提案をしています。

エスコ事業を上手に利用することで手間暇をかけることなく最新の省エネで創エネで蓄エネである設備を導入することができ、生活費を軽減することができます。

さらに、二酸化炭素の削減や原子力を撤廃するなどの日本が描いている社会に向かって貢献することが可能となります。

エスコサービスの概要

エスコサービスでは省エネで創エネで蓄エネである設備や機器を導入すると家庭のランニングコストを下げることができます。

その削減できたランニングコストをさらにエネルギーサービスの設備や機器のイニシュアルコストに充てることでランニングコストと共に月々の支払いに対応できるようになります。

導入にかかるコストを初めに用意することも必須ではなく、最終的なコストが初期費用がただであるということになります。

多様な補助金も有効に利用することができ、利益を大きくあげることも可能となっているのがこのサービスの最大のポイントとなっています。

省エネ診断士が在籍しているため、電気代やガス代、水道代等のランニングコストを削減したかったり節約する場合に利用できます。

オール電化を基軸として蓄電池を販売したり設置を手がけてもいます。

依頼者の要望や状況に合わせて1つ1つに最適なサービスを提供しています。