十数年前の半額の引越し料金で引越し実現

引越しをする際、少しでも引越し料金を安く抑えようとするにはどうしたらいいか。
依頼する引越し業者によって大きな価格差があるので、業者選びだけでも1万、2万はすぐ違ってきてしまいます。

我が家も十数年前に引っ越したときは、当時はネットなどなかったので、家の近所にあった最大手の運送会社の営業所にて見積もりをしてもらい、そのまま他社を検討することなく、任せてしまいました。

ダンボールやガムテープ、食器入れ用の木箱などは用意してくれたのですが、テーブールやパソコンラック、そのほか分解組み立てタイプの家具は、あらかじめこちらで解体しておき、少しでも荷物が積めるよう、心配りをしてあげたつもりだったのですが、なんと実際の見積もりより小さいトラックが来たのです。

しかも何々運送というどうやら下請けらしい業者が来て、なんと積み残しが出てしまい、本部からは聞いていないの押し問答で、それを運んでもらえず、結局自家用車で運びました。

それに解体した家具類の組み立てもしてくれず、かなりあとで後悔したものです。
しかも現在の引越し料金の相場と比較して、倍近い値でした。

で、一昨年、引越ししたときは、ネット上にある一括見積もりサイトを利用しました。
今回は近距離での引越しだったので、大手・中小業者は気にせず、できるだけ引越し料金の安いところを探すのが目的でした。
使ったサイトは20、30社以上加盟しているサイトです。

入力して10分後ぐらいで10社の見積もりが来て、それから各社から電話がきました。
結局その中で一番安かった大手業者に依頼したのですが、十数年前の引越し料金と比べほぼ半額、ダンボールなども一様に用意してくれ、エアコンの取り付け取り外しも作業に含まれていました。

前回同様、積み残しが出てしまったのですが、別働隊(小さい軽トラ)が緊急で来てそれも同時に運んでくれ、追加料金なども発生しませんでした。

ネットによる一括見積もりができるようになり、各社の競争も価格面だけでなくサービス面まで激化し、依頼する消費者側にとって大変ありがたいことです。