引越やのサイトに引越費用が掲載されていないのはナゼ?

・引越費用はミズモノ

これはサカイ引越センターやアート引越センター、フットワークにペリカン便でも同様なのですが、引越サービスのホームページにはその費用が掲載されていないのが日本の常識になっております。

情報化社会、価格の透明性が重視されるなかで未だに不透明な状態が当たり前になっているいわば悪習のひとつです。(プランによっては例外もあるでしょうけど)

そのために利用者にとっては引越をするさいには業者に伺いをたてないと大まかな費用もわからないわけで、こうした風習は引越の現場で働く人たちの待遇改善のためにも是正してほしい箇所のひとつでもあります。

また一度でも引越の相見積を取った方なら経験があると思いますが、A社が20万だったという見積もりを後から来たB社に見せれば必ずといっていいほどにB社の価格がA社をくぐってくる現状があります。

さらにそのB社の価格をA社の営業に再度報告すると今度はA社の価格がB社の下をくぐるなんてことも・・最初に提示されたA社の見積もり価格の根拠は一体なんだったの?と消費者側からみれば思わざるをえません。

引越を行う場合は身内にサカイ引越センターにおつとめの方がいる、とか会社の指定業者がアートだったとか言う場合を除いて相見積もりを必ずとりましょう。
業者側の言い値で引越をお願いすることほどオカネのムダになることはありません。

・費用が同じぐらいならどこで差をつける?

見積もりを数社とって値段に大差がないのであれば、あとは付加サービスなどの部分で業者を選定いたしましょう。
ダンボールの無料提供・回収、梱包の手伝いや、ハウスクリーニングの有無といった引越そのものにかかわるサービスで業者を選定するのも良いですし、契約の際にトースターや限定品のキャラクターグッズなどを配布している業者もあります。

価格帯が同じであればそういったノベルティで引越業者を選定するのもアリかもしれません。
ただ一円でも引越費用を安くあげたいと思う方にはノベルティなんかどうでもいいから費用を安くしてくれないか?という願望もあるかもしれませんね。

大手と個人経営の引越業者で価格が同程度であれば間違いなく、サカイ引越センターなどの大手をオススメいたします。
なぜなら大手の場合にはどのような引越でも緩衝剤や部屋を傷つけない梱包などがマニュアル化されており、万が一家具の汚損や破損、部屋の破損などが発生した場合などにも補償がしっかりしている傾向があるのでやはり大手に軍配があがります。