開店祝いに花を贈って喜んでもらうために

知人や友人、取引先が新しい店舗を構えた場合、支店をオープンさせた場合には、お祝いを贈るといいでしょう。

親族の場合は、金一封でも構わないですし、気のおけない友人に贈る場合に、好みの品がわかっているため、趣味にあった時計などのインテリア用品でいいのでしょう。

しかし、目上の方、知人や取引先の場合には、失礼になる恐れがありますし、趣味嗜好がよく分かっているわけではないので、ありがた迷惑ともなる可能性があります。

そうしたケースでは、開店祝いにお花を贈るのが無難でしょう。

花の贈り物は、雰囲気が明るくなりますし、新装開店の相応しい華やいだ場となります。

路面店で、店の前に大きなスペースがある場合は、大きな花のスタンドが開店祝いに適しているでしょう。

店舗の目印ともなりますので、来店するお客様もわかりやすくなります。

スペースがない場合や、テナントの中に店舗が入っている場合は、店内に飾れる大きさの小規模なスタンドのアレンジメントを贈るか、鉢植えやカゴにアレンジされているものを選ぶといいでしょう。

店内に飾ってもらえるように、場所を取らないことも大事ですが、花びらや花粉が散るものは、あとの掃除が大変ですし、商品やお客さんの衣服を汚してしまう可能性もあります。

また、水やりなどの世話が大変なものは、手間もかかりますし、匂いの強いものは、直接窓の開け閉めができない所は、香りが強すぎて気分を悪くする方が出てくるかもしれません。

できれば、観葉植物など、手入れが少なくてもいいものや、胡蝶蘭のように香りがほとんどなく、咲く期間が長く楽しめ、花粉が散らない手間がかからないものが向いています。

どうしても好みの種類を贈りたい場合は、もらう側の手間をかけぬように、プリザーブドフラワーのような加工されているものを、開店祝いに贈ると喜ばれるでしょう。

開店祝いを贈る場合には、火事や商売の赤字を連想することから、赤いものを避ける傾向にあります。

相手側が赤い色が好きな場合を除き、花の色をすべて赤色で統一することはなるべく避けた方がいいでしょう。

縁起を気にする方も多いです。