夢をかなえる注文住宅

注文住宅のメリットとデメリット

憧れのマイホームを検討している人も多いかと思いますが、建売住宅や分譲マンション、中古物件等色々あります。

でもでいれば自分の理想や夢がたくさん詰まった注文住宅を建てたいという人が多いのではないでしょうか?

注文住宅とは、建築屋、つまり工務店やハウスメーカー等で希望などを織り込んで設計してもらい、土地から建築してもらうものです。

もちろん、有名なハウスメーカーが土地販売をしていて、建物はそのハウスメーカー限定の建物を建築するといった条件付き分譲というものもありますが、それも注文住宅に含まれます。

このような注文住宅のメリットは、自分の好きなスタイルに内装や外装、設備が選べ、間取りの配置等も決めれる事。

つまり、理想がそのまま反映できる点です。

だからこそ、使い勝手も良く、住み心地も快適。

更に、建築する会社によってはこだわりのある木材等を使用したり、デザイン等もありますし、安心保障もついてきます。

デメリットとしては、費用面に尽きます。

費用に余裕があれば、自分の理想を全てかなえる家が建築できますが、費用に制限があると妥協する点は出てきます。

でも、設計等の打ち合わせをしていると、色々なカタログも見るので、見てしまえば魅力的でどんどん追加工事へと繋がるのも現状。

それが故に、建物だけの金額がかなり高額になってしまうというケースも少なくはありません。

注文住宅は土地が決まらなければ何も進まない

新聞の折り込みチラシやネット上で、この建物が〇〇〇〇万円といった内容を目にしますが、気をつけたいのは、それはあくまで建物だけの値段である事が多いという事。

つまり外装、アプローチや駐車場等、庭や門の外構までは含まれていない事がほとんどだと言います。

その為、建物はその価格だけど、追加費用、オプションとして外構などの費用が乗せられる場合もありますので、よく確認する事が必要です。

基本的な事としては、注文住宅は土地が決まらなければ、間取り等の設計もできないので、なにも始まらないという事。

ですが、初めてマイホームを検討している人に多い傾向としては、初めにハウスメーカー等がある住宅展示場へ訪れる事。

更には、そこで建物の契約だけを仮ではあっても済ませてしまう事。

これは段取りとしてはあまりおすすめできません。

建物だけを土地も決まっていないうちから仮契約等してしまえば、その会社の建物しか建てる事ができない、逆に言えば、その会社の建物がきちんとおさまる土地を探す事になるという事です。

土地探しは、とても大変な事です。

もしかしたら家を設計等する打ち合わせよりも骨を折る作業と言ってもいいかもしれません。

場所やエリア等が制限がなければまだ幅は広がり見つけやすいですが、学校区が限定されている、駅を使う、これが近くになければいけない、南向きがいい等、建物同様に土地にしても譲れない条件はあるはずです。

しかし、その理想とする土地がどれほどあるか。

正直なところ理想を100%かなえるような土地が出てくる事は稀だと聞きます。

タイミングも重要!

そしてタイミングも重要。

探している土地がいつ出て来るかは誰にもわからないんです。

となると、建物だけをけいやくしてしまったらどうなるかは必然的にわかるかと思います。

下見程度、ある程度の絞り込み等であれば見学もおすすめできます。

ですが、まずやるべき事は土地を探す事。

近くの不動産会社を訪れ、土地を紹介してもらう事です。

もちろん、ハウスメーカーでも土地を紹介してもらえますが、建築屋が自社で土地を保有している場合もありますが、だいたいがその会社から不動産会社へ問い合わせ、希望条件を伝えて土地を紹介してもらうといった流れになるので、詳しく聞きたいのであれば、やはり不動産会社に直接訪れるのがおすすめです。

不動産会社と聞くと、少し敷居が高い気もしますが、意外とアットホームなお店もあったり、老舗で色々な情報も持ってたりしますので、参考にはなります。

また、建物についても詳しいので建築についてはもちろん、住宅についても相談できるお店はたくさんあります。

不動産会社自体が建物を建築する、請け負うといったお店もあります。

1社だけでなく色々訪れてみると、それぞれの不動産会社で依頼されたばかりの物件等にも出会える可能性があります。

せっかく夢である注文住宅を建てるなら、理想がたくさん詰まった家にする、それをかなえるには、質が良くてお得である事に越したことはありません。

ひとつの選択肢に捉われず、色々幅広くあるという事を念頭に置き、色々調べる、訪れる、比較する、そして何が自分の中で不要な理想か必須な理想かを振り分けていく事がポイントとなります。

また、建てる事だけでなく、その後の資金計画も念入りに行う事もポイントです。

家も消耗品。

であれば維持費はかかります。

限りある費用の中で自分だけの家、理想の家をかなえる為に、建築等の費用はもちろん、毎月の収支の整理や把握、シュミレーションもしっかり行い、新築完成後、快適で一生暮らせる家を東新住建で手に入れましょう。

東新住建