カテゴリー別アーカイブ: 趣味

なぜ宇都宮と浜松で餃子が有名なのか、その違いは?

日本における餃子の消費が多い地域

日本で餃子の消費が多い地域として、栃木県の宇都宮市と、静岡県の浜松市が有名で、その消費量の日本一を常に争っていることは有名です。

宇都宮といえば和商コーポレーションの餃子が美味しくて有名ですね。

和商コーポレーション

でもなぜ、この地域で餃子の消費が多いのでしょうか。

宇都宮では戦時中、日本陸軍でも永らく中国の満州に派遣されていた部隊が宇都宮市にありました。

満州で戦った兵士が満州で食べていた餃子をよく食べるようになったことがその始まりとされています。

しかし、それだけでは現在のような消費量日本一にまでは発展しません。

栃木県はさらに、材料であるにらは年間生産量全国のトップクラスの生産量を誇っていることも要因となったようです。

さらに、栃木県はこれといった観光地や名産品がありませんでした。

自治体の活性化のためには名産品は欠かせません。

そこで、注目されたのがギョウザでした。

1990年からの町おこし政策の一つとして発展し、現在に至っています。

その経過の中では宇都宮駅前にギョウザの石像が建てられるなど官民一体となって町おこしが行われています。

一方、浜松も同じように中国がルーツとなっていますがその歴史は宇都宮よりも古く、大正時代にさかのぼります。

浜松にはもともと、中国人が多く中華料理店を営んでいたところも少なくありませんでした。

そこでは中国の本来の水餃子ではなく、大正時代から焼いたものが提供されていたようです。

戦争を経てその流れは受け継がれ、また、隣の県である愛知県では材料であるキャベツの生産が盛んであること、また、浜松市内ではもともと養豚業が盛んであることから材料の調達がしやすかったこともあげられます。

こう見てみると、基本的な両地域の特徴が似ていて、もともとギョウザを食べる地域であると同時に周辺に材料が豊富にあったということが理由のようです。

地域ごとの特徴

それぞれの地域のギョウザにはそれぞれの特徴があります。

宇都宮では使う野菜は白菜がメインとなりますが、浜松ではキャベツと玉ねぎがメインとなります。

さらに、使われる餡になかに混ぜられるお肉の配合比率も違います。

宇都宮の方が野菜の比率が高く浜松のほうがお肉の比率が高くなるようです。

浜松の養豚業が盛んなことが理由にあるのかもしれません。

もう一つ、大きな違いは食べるときの付け合わせです。

宇都宮では付け合わせがほとんどないのに対して浜松では軽く茹でたもやしの付け合わせが付いてきます。

いずれにせよ、どちらの餃子も特徴があり、とてもおいしいものです。

これからも切磋琢磨しながらそれぞれの食文化を盛り上げていってほしいものです。

茨城県の観光スポット


出典:北茨城市観光協会

茨城県は関東地方の北東に位置する県で、中央部にある水戸市には県庁が置かれています。東は太平洋に面しており、福島県や栃木県、埼玉県、千葉県と隣接しています。

その面積は6,094㎢で、大部分が関東平野に含まれています。茨城県には32市7郡10町2村があります。

地域ごとに大きく分けると、高萩市や北茨城市、日立市、常陸大宮市などの都市がある県北エリアと水戸市やひたちなか市、東海村、大洗町、小美玉市などの都市がある県央エリア、常総市や古河市、八千代市、下妻市などの都市がある県西エリア、土浦市、つくば市、龍ヶ崎市、守谷市、取手市、利根町などの都市がある県南エリア、鉾田市、神栖市、行方市などの都市がある鹿行エリアがあります。

県北エリアにある日立市や県央エリアにあるひたちなか市は、工業化が進んでいる地域です。日立市は日立鉱山から発展した都市で、日本の大手総合電機メーカーである日立製作所の創業の地としても知られています。

また、つくば市は筑波研究学園都市として開発が進んだ地域で、現在では日本最大の学術都市となっています。以前は東京などにあった国の研究機関などを移転し、東京の過密状態を緩和する目的で行われた国家プロジェクトです。

高水準の研究と教育を行うための拠点を形成することも目的としています。世界的な科学技術の拠点になる都市として実績を積み重ねており、現在では数多くの研究者がつくば市で研究を行っています。


出典:東海村

茨城県の県庁所在地でもある水戸市は、日本の特例市の1つです。

水戸徳川家に縁がある土地としても知られており、観光スポットとしては梅の名所として有名な「偕楽園」があります。偕楽園は金沢にある兼六園や岡山の後楽園と共に、日本三大名園の1つに数えられています。

江戸時代、水戸藩の藩主であった徳川斉昭公によって造られた日本庭園です。偕楽園には100種類ほどの梅の木が3000本も植えられています。偕楽園では毎年、2月下旬から3月にかけて「水戸の梅まつり」が開催されています。

「水戸の梅まつり」では、キャンドルライトを使って梅の花をライトアップしたり、茶会などのイベントも行われています。仄かに香る梅は春の訪れを感じさせてくれる花で、毎年多くの観光客が美しい花を見ようと訪れます。それから偕楽園には梅だけではなく、桜やつつじ、萩などの植物もあり、「水戸の桜まつり」や「水戸のつつじまつり」、「水戸の萩まつり」などのイベントも行われています。

また、水戸黄門にちなんだ「水戸黄門まつり」も8月に開催されており、パレードなども行われています。

その他にも大洗町に、大型の水族館「アクアワールド・大洗」もあります。アクアワールド・大洗は、博物館や科学館の展示手法を取り入れた海の総合ミュージアムになっています。


出典:アクアワールド

アクアワールド・大洗では特にサメの飼育に力を入れており、50種類以上のサメを飼育しています。サメはアクアワールド・大洗のシンボルマークでもあります。アクアワールド・大洗には、水族館の中でも最大規模を誇るキッズコーナーもあります。「見て・さわれて・楽しめる」をコンセプトに、海の生き物と触れ合うことができます。魚を模した大きな遊具などもあり、子供が楽しめるエリアとなっています。

そのため子供連れの旅行や観光などの際にはおすすめのスポットです。愛らしいラッコやアザラシ、エトピリカなどの海獣がいる水槽や幻想的な雰囲気を醸し出しているクラゲの水槽、茨城の川を再現している開放的なアトリウムなどもあります。アシカたちのコミカルな動きやイルカのダイナミックなジャンプを楽しむことができるショーなども行われています。

茨城県の観光スポットには、筑波山もあります。筑波山は関東屈指のパワースポットとしても知られており、人気の観光地になっています。筑波山は標高があまり高くないため、初心者にも登山に向いているコースになっています。ケーブルカーやロープウェイなどもあるので、手軽に山頂まで行くことも可能です。筑波山の魅力は、四季折々の花や植物を楽しめるところにあります。

春には桜の花や福寿草、つつじ、ニリンソウ、ヒイラギソウなどの花が色鮮やかに咲いています。夏にはヤマユリやアジサイ、ニッコウキスゲなどの花を見る事ができます。
秋には真っ赤に色づいた紅葉や黄色に染まったイチョウなど紅葉が楽しめます。ジャコウソウやセンブリ、アケボノソウなども花を咲かせています。冬には、一面雪に染まった銀世界を堪能することができます。山頂から見える初日の出も人気です。

茨城県の特産というと、まず思い浮かぶのは納豆です。水戸市は水戸納豆で知られる納豆の生産地です。旅行した際などには美味しい納豆を買うことができますが、納豆はちょっと匂いが気になってしまう食べ物でもあります。

そこで、お土産として人気なのが納豆味のスナックやお菓子です。手軽に納豆の風味や味を楽しむことができます。