カテゴリー別アーカイブ: ライフスタイル

仮想通貨の流通を促進するLastRoots

仮想通貨の取り扱いについて

仮想通貨はインターネット上での商取引が増えてきた現代では非常にそのメリットが高いものとして注目されているほか、その価値が安定しているとして投資対象としても非常に魅力的な理由として注目されています。

しかしその取り扱いは非常に難しいものとして認識されているため、その普及にはまだまだ時間がかかるとされているのが実態です。

さらに、仮想通貨自身のアルゴリズムまだ確定されていない面もあるため、様々なところで独自の仮想通貨を設定し利用されている面があり、統一的なインターネット上の商取引においてはその共通性において未完成であると言う感があります。

LastRootsは仮想通貨の普及を通じて商取引の利便性と公益性を高めるために、様々な方策を展開している会社です。

その真の価値が未知数な仮想通貨における利便性や流通性を高めるために、広告宣伝を通じて広く流通を図ったり、また大学などで仮想通貨に関するセミナーを展開したりといった方法を通じて一般の人の知識を深めるといった活動を行っています。

商取引に欠かせない通貨

現代の商取引においては、通貨を利用するのが一般的です。

同じ国内で同じ通貨を使用している同士であればその価値が一定しているためこれを基準にスムーズな商取引を行うことが可能ですが、異なる国の場合にはそれぞれの国の通貨を変換して使用するといった手順が生じるものです。

現代においてはそれぞれの国の通貨を交換する手順において交換レートを基準に変換することが定められており、その交換レートはそれぞれの国の情勢によって刻々と変化するため、実際には安定した取引が行えないと言う欠点があります。

さらに実際の取引と対価の支払いのタイミングがずれた場合にはレートが変動してしまうことになるため、その変動によるトラブルが発生することも避けられません。

特にインターネット上の取引においては実際の取引と通貨での支払いのタイミングが大きく異なってしまうため、レートによるトラブルが発生するリスクが大きいのです。

仮想通貨を利用した取引はインターネット上の取引と同時に支払いが行われるため、タイミングのズレによるレートのトラブルが解消できると言うメリットがあります。

そのためインターネット上の取引においては仮想通貨を使うのが非常にポピュラーになってきている反面、仮想通貨の知識が無いためにその通貨の価値を誤解し大きなトラブル危険性があるのです。

LastRootsは仮想通貨の知識を一般の人に正確に展開することで、仮想通貨の正しい使い方を広めるとともに、よりスムーズな取引を実現するための本来の仮想通貨の価値を高めるための活動を行っている会社です。

省エネにはエスコシステムズ

社名であるエスコシステムズの名前の由来は日本の課題とされている省エネの問題から生まれてきた対策であるエスコ事業が由来となっています。

その仕組みを人同士でつなぎ合って力としていくという思いを理念としており社名にも繋げています。

会社の発足時は4名でエスコ事業を始めましたが短い期間でたくさんの支援者と繋がることができ、日本の様々な地域の知識や経験が豊富な同志とエスコシステムズを設立しました。

株式会社エスコシステムズは東京都の中央区の月島にあり、電気工事業に関わる設計や施工及び保守や、太陽光発電システムなどの住宅用のエネルギー機器などの販売やその取付工事の施工や保守をおこなっています。

また、住宅や住宅設備を企画して設計し、施工やリフォームをしたり、セキュリティシステムの開発や販売や、保守サービスの事業も執り行っています。

さらに、古物営業法に基づく古物商なども行なっています。

代表取締役は岡崎良平となっており、創業は2011年4月です。

社名の由来ともなったエスコ事業とはエネルギーサービスカンパニーの略となります。

エスコ事業を基軸として、家庭や工場などで利用されている光熱費を削減できるような提案をしています。

エスコ事業を上手に利用することで手間暇をかけることなく最新の省エネで創エネで蓄エネである設備を導入することができ、生活費を軽減することができます。

さらに、二酸化炭素の削減や原子力を撤廃するなどの日本が描いている社会に向かって貢献することが可能となります。

エスコサービスの概要

エスコサービスでは省エネで創エネで蓄エネである設備や機器を導入すると家庭のランニングコストを下げることができます。

その削減できたランニングコストをさらにエネルギーサービスの設備や機器のイニシュアルコストに充てることでランニングコストと共に月々の支払いに対応できるようになります。

導入にかかるコストを初めに用意することも必須ではなく、最終的なコストが初期費用がただであるということになります。

多様な補助金も有効に利用することができ、利益を大きくあげることも可能となっているのがこのサービスの最大のポイントとなっています。

省エネ診断士が在籍しているため、電気代やガス代、水道代等のランニングコストを削減したかったり節約する場合に利用できます。

オール電化を基軸として蓄電池を販売したり設置を手がけてもいます。

依頼者の要望や状況に合わせて1つ1つに最適なサービスを提供しています。

開店祝いに花を贈って喜んでもらうために

知人や友人、取引先が新しい店舗を構えた場合、支店をオープンさせた場合には、お祝いを贈るといいでしょう。

親族の場合は、金一封でも構わないですし、気のおけない友人に贈る場合に、好みの品がわかっているため、趣味にあった時計などのインテリア用品でいいのでしょう。

しかし、目上の方、知人や取引先の場合には、失礼になる恐れがありますし、趣味嗜好がよく分かっているわけではないので、ありがた迷惑ともなる可能性があります。

そうしたケースでは、開店祝いにお花を贈るのが無難でしょう。

花の贈り物は、雰囲気が明るくなりますし、新装開店の相応しい華やいだ場となります。

路面店で、店の前に大きなスペースがある場合は、大きな花のスタンドが開店祝いに適しているでしょう。

店舗の目印ともなりますので、来店するお客様もわかりやすくなります。

スペースがない場合や、テナントの中に店舗が入っている場合は、店内に飾れる大きさの小規模なスタンドのアレンジメントを贈るか、鉢植えやカゴにアレンジされているものを選ぶといいでしょう。

店内に飾ってもらえるように、場所を取らないことも大事ですが、花びらや花粉が散るものは、あとの掃除が大変ですし、商品やお客さんの衣服を汚してしまう可能性もあります。

また、水やりなどの世話が大変なものは、手間もかかりますし、匂いの強いものは、直接窓の開け閉めができない所は、香りが強すぎて気分を悪くする方が出てくるかもしれません。

できれば、観葉植物など、手入れが少なくてもいいものや、胡蝶蘭のように香りがほとんどなく、咲く期間が長く楽しめ、花粉が散らない手間がかからないものが向いています。

どうしても好みの種類を贈りたい場合は、もらう側の手間をかけぬように、プリザーブドフラワーのような加工されているものを、開店祝いに贈ると喜ばれるでしょう。

開店祝いを贈る場合には、火事や商売の赤字を連想することから、赤いものを避ける傾向にあります。

相手側が赤い色が好きな場合を除き、花の色をすべて赤色で統一することはなるべく避けた方がいいでしょう。

縁起を気にする方も多いです。

電力自由化~その内容やメリット、デメリットなど

まず電力自由化とはそもそも何かと言うと、これは簡単に言うと、電力の販売が自由化されたと言うことです。

これまで日本においては、家庭向けに供給されている電力の販売と言うのは、限定された企業によってのみ行われていました。

そしてその企業は各地域ごとに管轄を持っていたため、ある地域に住み電気を利用することになったら、その地域を管轄している企業が販売している電気会社と契約するしかないと言うのが、従来の状況でした。

そこでこうした状況を改め、限られた企業以外の企業も電力販売に参入できるように変更されたと言うのが、電力自由化です。

実はこの仕組みは、日本においては工場やデパートと言った、比較的、電力使用量が多い施設に対しては既に導入されていたことでした。

これが今回、一般家庭に向けても解禁されたのは、電力販売市場を開放することで競争原理が発生すること、また電気事業における資源配分の効率化を目的としているためです。

■電力自由化のメリット

では電力自由化によってどのようなメリットが期待できるかと言うと、ひとつは市場開放によるサービスの充実です。

従来は電力販売市場は閉鎖的であったため、それを扱っていた企業は何もしなくても、自然に利用者を獲得できるような状態でした。

しかし市場が開放され新たな企業が相次いで参入したことは、利用者にとっては選択肢が多くなったとも言えます。

そのため何かしなければ利用者が次々、別の企業に乗り換えてしまうことも考えられます。

これは従来、電力販売を一手に担ってきた企業に関しては勿論のこと、それ以外の企業に対しても言えることです。

その結果、利用者獲得のために各社が魅力あるサービスを提案する傾向が高くなると言うのが、大きなメリットだと言えます。

実際、ネオコーポレーションなどのように新たに電力販売に参入した企業の中には、自社が元々扱ってきていたサービスと電力販売を組み合わせて、より利用者にとって魅力的なプランを用意しているところも少なくありません。

たとえばガス会社であれば、電力とガスをセットで契約することで、そのどちらの基本料金も安くなると言った内容のプランです。

スーパーなどの小売業の中には、電気料金にも、そのお店が独自に発行しているポイントなどがつくと言うプランを用意しているところもあります。

そもそもとして、電力販売市場が開放されたことで、電気料金を自由に設定できるようになったわけですから、これだけでも利用者にとっては嬉しいことだと言えます。

■社会全体の省エネ効果も期待できる

そして多彩なサービスが増えることは、社会全体の省エネに対しても効果が期待できると言うのも、メリットのひとつです。

たとえば皆が多く電力を利用することが予想される時間帯に電気料金を高めに設定し、逆にそれ以外の時間には非常に安い価格に設定したプランがあるとします。

そしてそれを販売している企業が、それを宣伝に利用しながら、できるだけ安い時間帯に電力を使うように誘導すると、使用電力のピークを分散させることにもつながります。

その結果、社会全体においてもまんべんなく電力が使用されることが期待でき、環境にとっても優しい状況が期待できると言うことです。

更に利用者も、サービス内容だけではなく電力がどのような方法で生み出されているかと言った情報をもとに電気会社を選択することができると言うのも、メリットです。

たとえば安定性を求める人であれば火力発電や原子力発電で生み出された電気を販売している企業と契約するとか、とにかくエコ第一に考えたい人は、風力発電によって生み出された電気を販売している企業と契約すると良いです。

そしてこのような流れにおいて、より自然に対して負担がかかりにくい発電方法を選択する人が増えれば、それもまた社会全体のエコにつながります。

このように電力自由化のメリットとしては、電力に関するあらゆる面においての選択肢の幅が増えたと言う点が挙げられます。

■電力自由化のデメリット

では反対にデメリットはあるのかと言うと、これは可能性のひとつとして電気料金の値上がりが挙げられます。

実際、電力自由化を導入している諸外国の多くでは、電気料金は、この仕組みを導入した直後は下がったものの、数年後には導入前よりも上がってしまっています。

日本においては、生活する上で欠かすことができない電気に対しての料金は、むやみに値上がりしないよう国によってある程度までは管理されています。

しかしこの仕組みが導入されたことで、その規制自体にも動きが出てきているのは事実です。

そのため将来的にその規制が撤廃されると、サービス選択肢が増加してしまったが故に生き残るために、あらゆる付加価値を付けながら同時に電気料金を値上げすると言う企業が出てきても不思議ではないと考えられます。

そして一社が値上げに踏み切れば、それに続いて他社も値上げに踏み切る可能性も高いです。

また電力を生み出すために必要な資源、たとえば火力発電の場合は原油の価格は、日本だけで決められるものではありません。

そこには世界の経済、政治情勢が大きく関係しています。

よってそれらの変動を受けた結果、やはり数年後には値上がりが余儀なくされることもあると言うのも頭に入れておくべき点です。

ドスパラはパソコンユーザーに寄り添うお店です

・パソコン専門店ドスパラ

ドスパラは、株式会社サードウェーブが運営するパソコンショップです。
パソコンのインターネット販売を実施しているWEB販売事業としてのドスパラと、実際のパソコンショップの店舗としてのドスパラとあります。
それぞれのお店のよいところを示しますので、パソコン購入時の参考にしてください。

まず、インターネット販売でも、実店舗での販売でも、パソコンはドスパラオリジナル製品となります。
このため、家電量販店で販売されているような有名メーカーのパソコンと比較すると、価格的にお安いものが多いという特徴があります。
これを踏まえて、インターネット販売でのメリットですが、部品単位でのカスタマイズが可能という点です。

オリジナル製品であるからこそ、このようなカスタマイズができるというのは、非常に大きな特徴であると言えます。
どのような部品をカスタマイズできるかというと、例えばパソコンの脳にあたるCPUをより速いものに交換したり、故障率の低いハードディスクであるSSDに変更したり、ハードディスクの容量を大きいものに変更したりと、基準パソコンからの部品変更が可能であるため、自分の使い勝手に合わせたパソコンを購入することができます。

予算にあわせて、自分オリジナルのパソコンを作成できるというのは、大きな利点ではありますが、一方で、詳しい人でないとなかなか購入が難しいというのがあるかもしれません。

あまりパソコンに詳しくないという人は、実際の店舗での購入がおススメです。

ショップには、パソコンに非常に詳しい、いわゆるパソコンのプロが常時いらっしゃいます。

スタッフさんは、購入時の相談に気軽にのってくれるため、使い方と予算を伝えれば、どのパソコンがよいか選定をしてくれます。
店舗には、インターネットと同等の値段で商品が販売されておりますが、既に商品としては完成品の状態で店舗に置かれているため、部品単位でのカスタマイズはできません。
つまり、在庫品からの販売となります。

しかしながら、交換部品は大量に店舗で販売していますので、部品を購入すれば、自分だけのカスタマイズパソコンも作ることが可能です。
このように、

インターネットでの購入がちょっと難しいなという方には、実店舗での購入がオススメであると言えます。

・パソコン診断サービス

また、実店舗ではユーザーにとって非常にありがたいサービスも実施しています。
このサービスとは、「パソコンワンコイン診断サービス」です。

パソコンが調子悪い、遅い、動かなくなった・・・などといった症状に陥った場合に、店舗にパソコンを持ち込めば、500円で症状の診断をしてもらうことができます。
診断がメインとなりますので、修理となった場合には別途料金がかかることとなりますが、店舗では修理も請け負ってくれるため、非常に安心です。

しかも、ドスパラでの購入パソコンでなくても、診断や修理対応をしてくれるところがすごいところなのです。
NECや富士通などのパソコンや家電量販店で買ったパソコンであっても問題ありません。

パソコンであれば、なんでも対応してくれるのです。
とてもありがたいサービスであると言えます。
実店舗は、全国に19店舗となっています。

お近くに店舗があれば、ぜひとも利用をおススメしたいですが、近くに店舗がないという方もいらっしゃるかと思います。
実は、このワンコイン診断サービスは、パソコンを店舗に発送しても対応してくれます。
ただし、送料はかかってしまいますが、お近くに店舗がない方にとってもありがたいサービスです。

この場合、パソコンを梱包し、インターネットで診断申し込みをします。
自分で発送してもよいですが、ヤマト運輸が自宅までパソコンを取りに来てくれる引き取りプランもあります。
発送パソコンであっても当然どこのメーカーのパソコンであっても対応してくれます。

パソコンユーザーの困りごとに寄り添って対処してくれる、ありがたいお店です。

・ドスパラのコレクトセンターについて

最後に、コンタクトセンターの紹介です。

これまでご紹介してきた内容について、事前相談がしたい方には、コンタクトセンターへのお電話がおすすめです。
コンタクトセンターは平日9時から21時まで受け付けしており、受付時間が非常に長いのがうれしいところです。
しかも、土日祝日も受付時間は短いものの、受付してくれています。(10時~18時)

もし、ワンコイン診断サービスを行う前に、不明点を確認しておきたい方や、インターネットで商品を買う前に少し商品の確認をしたい方へはおススメのサービスです。
実際、パソコン故障を自分で直そうと思ったときに、どの商品を買ったらよいか悩んだときに、コンタクトセンターにお電話したところ、非常に丁寧に商品選びのお手伝いをしていただいたことがあります。

電話対応であっても、お客様に寄り添う姿勢に、非常にうれしいところです。

一方で、このドスパラのコレクトセンターについての評判がよく話題にあがります。具体的には「対応が悪い」というものです。

しかし、詳しく話しを紐解いていくと、

大半は悪質なクレーマーによるものだと分かります。
下記をご覧ください。

彼らの特徴をまとめると。

  1. 要点が抜けている <- 不都合を隠し嘘をついて賛同や同情されたい
  2. 文章力が小学生並 <- 嘘と感情入りなので日本語がおかしくなる
  3. 自分は絶対悪くない <- 突っ込まれたくないので強調してしまう
  4. 人間として低レベル <- 見た目は大人、頭の中身は子供レベル
  5. 自然に墓穴を掘る <- 自分がパソコン初心者と気付いていない

出典:ドスパラ 評判

上記のようなクレーマが書く評判がネットには溢れています。
しかし、内容は稚拙なもので、参考にはなりません。

利用したことがあるから分かりますが、非常に丁寧な対応をしてもらえるコレクトセンターのサポートでした。

以上のように、ドスパラはパソコンユーザーに寄り添って対応してくれる親切丁寧なパソコンショップです。

▶最新ニュース
ドスパラのVR体験施設に新コンテンツが追加 座席が動きリアリティが向上

楽しくも専門的な音楽学校でのレッスン

わたしは、現在社会人をしながら、音楽学校に通っています。

所属はボーカル科です。

以前は、コーラスやゴスペルなどの文化サークルに通って歌うことを楽しんでいました。

文化サークルでのレッスンは、大きな声を出して、ストレスを発散できてとても楽しかったのですが、それだけでした。

指導してくださる先生はいましたが、皆で楽しく歌うことを主目的としているので、技術的な指導はほとんどありません。

多少の間違いや音程のズレがあっても注意はほとんどありませんでした。

初めのうちはそれで満足していたのですが、だんだんとそれでは満足できなくなっていきました。

サークルでの活動は楽しいけれど、通い続けていても、これ以上、上達することはないと気づいたのです。

サークルでは、指導者による指導が少ないので、上達方法は、ほぼ自主練習しかありませんでした。

そして、自主練習のみでは、上達に時間がかかり、限界があります。

上手くなるためには、指導の出来る第三者に聞いてもらって、どこが悪いのかを指摘してもらい、悪いクセの修正や上達方法を指導してもらう必要があります。

もっと歌が上手くなるにはどうしたらいいかを考えた結果、専門的に歌を教えてくれる音楽学校に通うことを決めました。

ちなみに、大学は武蔵野音楽大学に通っていました。

※参考→武蔵野音楽大学のあれこれ

いざ音楽学校のレッスンを受けてみると、今まで受けていたサークルのレッスンとの違いに驚きました。

まず、ほぼ一対一でのレッスンが受けられるので、的確なアドバイスが受けられます。

そして、指導の内容が専門的なのです。

発声一つとっても、人体構造から、声の出る仕組みを教えてもらえます。

そのうえで、上手い息の使い方、正しい声の出し方を教えてもらいました。

すぐに身につくものでなく、少しずつ身体に覚えさせていくものなので、繰り返し練習が必要であり、上手くできるまで注意が入ります。

他にも音程を取るためには、耳を鍛えることの大切さ、楽譜の読み方からリズムの取り方など、上手く歌ううえで必要となる基礎として必要な知識や技術を学ぶことが出来ています。

これまで何となくで歌っていましたが、上手く歌うためには、そのための技術があり、いろいろなことを考えながら歌う必要があることを知りました。

基礎となる技術を持っていれば、表現の幅が広がるということを実感しています。

音楽学校に通うようになり、歌が楽しいだけではなくなりました。

これまで練習してきたことが何だったのだろうと思ったり、上手くいかなくて落ち込むことも増えました。

勿論出費も増えました。

しかし、現在のほうが充実しています。

確かな実力を身につけ、自分らしく歌うことを目標にレッスンを受けています。

 

LINK
ESPミュージカルアカデミー(MUSICAL ACADEMY)

ガス会社の乗り換えを上手に活用する引字社長

プロパンガスはそれを供給しているガス会社によって利用料が異なります。

お得にガスを使うにはガス会社の選択はとても重要なんですよ。

プロパンガスを使っている人でも今までガスの料金が会社によって違うと言うことを知らなかった人も多いのではないでしょうか。

家を新築するときにガス会社と契約をするのですが、多くはハウスメーカーが提携していたりしてガス会社を選択することがないようです。

でも、ガス会社を変えるだけで毎月のガス代が随分安くなるんです。

知り合いの社長である引字圭祐代表もガス会社を乗り換えて随分とガス代を節約できたようです。

そういうわけで最近はガス会社を乗り換える動きも活発になっていています。

ガス料金の見直しをしたいと思っている人は一度情報を収集してみてはいかがでしょうか。

まず自宅があるエリアにガスを供給してくれる会社がどのくらいあるのかを調べてみてください。

地域によって異なりますが、ガス会社が多い地域だと本当にたくさんの選択肢が増えます。

次にそのガス会社の料金形態を確認します。

1社1社確認するのはとても面倒にも思えるのですが、最近はホームページなどでも確認することができます。

出来るだけ安くガスを使うためには少々の手間も惜しまず頑張ってほしいです。

また最近はガス会社の比較サイトなどもありますよね。

こちらのサイトを使えば今現在のガス料金が妥当なのか、高いのかなどを確認することができます。

高いと診断されれば今よりも安くガスを使える会社を紹介してくれるので、そこに問い合わせすると良いですから。

都市ガスの場合は毎月の利用料金を大きく減らすというのはなかなか難しいのですが、プロパンガスはこれが可能です。

ガスは毎日必ず使うものですし、たとえ毎月1000円でも削減できれば長い目で見るとかなり大きな額になってきます。

少しでも生活費を削減できればその分貯蓄にも回せるようになってくると思います。

ガス料金が家計の負担になっていると感じている人などは、ぜひともガス会社の見直しをしてみてくださいね。

 

 

関連ニュース
ガス小売事業者の登録申請が始まる、関西電力が早くも名乗り

人気のあるヘアサロンと選び方

今の時代は美しさにこだわる人はかなり多く、美しさの一つとして欠かせないポイントとなるのが髪の毛が美しいかという点では無いでしょうか。

ヘアスタイルやツヤなど、髪の毛が他人に与える印象はかなり強いです。

少しでも良いヘアスタイルを手に入れるためにも、良いヘアサロンを選ぶ必要があります。

しかし一口にヘアサロンとはいっても、今では全国各地に存在しており実際に選ぶとなると、どこが良いのかて頭を悩ませることななるのでは無いでしょうか。

今の時代ならば、まずはインターネットを使い複数を比較することから始めるようにしましょう。

比較ポイントは沢山ありますが、まずは人気のあるヘアサロンから探すというのも一つのポイントとなってきます。

しかしいくら人気があっても、自分の求めている髪型になるのかはわかりません。

サロンの雰囲気や、カットしている美容師にも違いはあるのできちんと考えて選ばなくてはなりません。

ちなみに、FACEグループの総店長である鈴木貞一郎氏のカットの技術はとても有名で、埼玉までわざわざ足を運ぶ若い女性がたくさんいるそうです。

選ぶ際には、料金にも注目しておくようにしましょう。

一昔前とは異なり、近年ではサロンの数が増えたので、選択肢が豊富になったのは良いことと言えます。

比較することができるからこそ、悩む点が多くなり最終的には料金が安いところに決めてしまうという人も多いです。

安価という理由も大切ですが、安くても仕上がりが満足できないところでは意味がありません。

勿論ヘアサロンではカットのみではなく、パーマやカラーといった技術力がより必要となるものもあります。

その場合には、特に料金も高くなるのはもちろんのこと、長時間サロンに滞在することになるなでサロンの雰囲気やスタッフとの相性も重要となってきます。

人気があるからといって、初めて足を運ぶサロンで長時間滞在しなくてはならない内容は選ばないようにしておき、まずはカットなど短時間で済む無いようにして雰囲気や相性の確認をしておくというのもサロン選びのポイントとなってくることを頭に置いておくようにしましょう。

車で事故を起こしたら大変なんです

私は車が大好きです。

と言っても、そんなに運転はしないんですけど、メカとして車がとても好きで、車のサイトとかネットの情報を見てたら1日簡単に過ぎてしまいます(笑)

そんな私は今、エルグランドという日産の車に乗っているんですが、近々ボルボというスウェーデンのメーカーの車に乗り換えようと思ってるんですよ。

ボルボは安全性においてはメルセデスベンツと並んで世界一と言われており、実際に証明されてます。

エルグランドも当然、衝突安全性等においては国産でもトップクラスなんですが、小さい子供も乗せてますし、やっぱり強度の高い外車に乗りたいんです。

単純に私が外車に乗りたいだけ、という理由もあるんですが(笑)

やはり、交通事故を私は一番恐れているんです。

正面衝突なんてそうないとは思うのですが、そうないとはいえ、1回の正面衝突で命が助かるか助からないかって、めちゃくちゃ大きな違いになります。

「ちょっとしか変わらんよ、今は国産も安全だよ」

という声もネットに溢れておりますが、その「ちょっと」が命取りになるわけです。

交通事故の場合、「誤差」とか「ちょっと」が生死を分けます。

また、別に命に関わる事故じゃなくても、交通事故は日常で起きるものです。

横から突っ込まれたりオカマ掘られたり、逆にオカマ掘ったり・・・・

そういう事故にあったら、いろいろと大変なんですよね。

私は経験ないんですが、慰謝料請求であったり示談交渉であったり、自分らでは解決できない問題に直面してしまいます。

参考:死亡事故の慰謝料について

当然ながら、交通事故に強い弁護士に相談しなければならず、そこでも費用が発生します。

まあ、お金で解決できるなら安いものかもしれませんが、できれば交通事故には遭いたくないですし、仮に遭っても軽度で済ませたいものですよね。

私がボルボに乗りたい最大の理由は、事故に遭った際の弁護士費用云々じゃなく、家族の命を守りたいためです。

まあ、嫁さんにその話をしても、

「エルグランド、まだまだ乗れるから別に買わんでいんちゃうの?」

で片付けられてしまうわけですが^^;

パソコンソフトの買取をしてもらうならおすすめの業者

パソコンソフトの買取をしてもらうなら、業者選びにこだわりましょう。パソコンソフトというのはややマニアックな分野なので、業者によっては1円の価値すらつかないこともあります。

そもそも、業者はなぜパソコンソフトを買い取ってくれるのでしょうか?それは、買い取ったソフトをより高い価格で売ることで利益を得るためです。そのため、業者に買取をしてもらった場合には、市場価格よりも高い価格で買取してもらえることは絶対にありません。

もしも市場価格と同じ値段で売りたいのなら、オークションなどを利用して個人間売買をするべきでしょう。しかし、オークションの利用には手数料がかかりますし、手間と時間もかかります。どちらがメリットがあるかをよく考えて選びましょう。

私は、引っ越しの時にパソコンソフトやCD、DVD、書籍などをまとめて買取してもらったことがありますが、かなり後悔をしました。その業者では、10万円のギターが5千円くらいで買い取られてしまったりと、とても相場通りの価格がついたとは思えませんでした。また、アダルト系のパソコンソフトなどは1円の価値もついていなかったように思います。

総合的なリサイクルショップで売ることには、本やCD、ブランド品などさまざまなものをまとめて売ることができるので手間がかからないというメリットがありますが、扱う品物が多いため、適切な価格で買い取ってもらえないというデメリットがあります。引っ越しのときなど、時間を節約したい場合にはそのようなショップで売るのもよいですが、1つ1つの品物を適切な価格で買取してもらいたいなら、専門の業者に依頼をするべきです。

パソコンソフトを専門に扱っている業者でも、アダルト系のソフトについては1円の価値もつかないということがあります。必ず1つ1つの買取価格を確認してから、契約書にサインをするようにしましょう。もしも相場よりも低い価格しかついていないものがあったら、それは売らずに自分でオークションなどで売却したほうが得をする場合があります。

出典:パソコンソフトの買い取りならRECOソフトにお任せください