michinari のすべての投稿

夢をかなえる注文住宅

注文住宅のメリットとデメリット

憧れのマイホームを検討している人も多いかと思いますが、建売住宅や分譲マンション、中古物件等色々あります。

でもでいれば自分の理想や夢がたくさん詰まった注文住宅を建てたいという人が多いのではないでしょうか?

注文住宅とは、建築屋、つまり工務店やハウスメーカー等で希望などを織り込んで設計してもらい、土地から建築してもらうものです。

もちろん、有名なハウスメーカーが土地販売をしていて、建物はそのハウスメーカー限定の建物を建築するといった条件付き分譲というものもありますが、それも注文住宅に含まれます。

このような注文住宅のメリットは、自分の好きなスタイルに内装や外装、設備が選べ、間取りの配置等も決めれる事。

つまり、理想がそのまま反映できる点です。

だからこそ、使い勝手も良く、住み心地も快適。

更に、建築する会社によってはこだわりのある木材等を使用したり、デザイン等もありますし、安心保障もついてきます。

デメリットとしては、費用面に尽きます。

費用に余裕があれば、自分の理想を全てかなえる家が建築できますが、費用に制限があると妥協する点は出てきます。

でも、設計等の打ち合わせをしていると、色々なカタログも見るので、見てしまえば魅力的でどんどん追加工事へと繋がるのも現状。

それが故に、建物だけの金額がかなり高額になってしまうというケースも少なくはありません。

注文住宅は土地が決まらなければ何も進まない

新聞の折り込みチラシやネット上で、この建物が〇〇〇〇万円といった内容を目にしますが、気をつけたいのは、それはあくまで建物だけの値段である事が多いという事。

つまり外装、アプローチや駐車場等、庭や門の外構までは含まれていない事がほとんどだと言います。

その為、建物はその価格だけど、追加費用、オプションとして外構などの費用が乗せられる場合もありますので、よく確認する事が必要です。

基本的な事としては、注文住宅は土地が決まらなければ、間取り等の設計もできないので、なにも始まらないという事。

ですが、初めてマイホームを検討している人に多い傾向としては、初めにハウスメーカー等がある住宅展示場へ訪れる事。

更には、そこで建物の契約だけを仮ではあっても済ませてしまう事。

これは段取りとしてはあまりおすすめできません。

建物だけを土地も決まっていないうちから仮契約等してしまえば、その会社の建物しか建てる事ができない、逆に言えば、その会社の建物がきちんとおさまる土地を探す事になるという事です。

土地探しは、とても大変な事です。

もしかしたら家を設計等する打ち合わせよりも骨を折る作業と言ってもいいかもしれません。

場所やエリア等が制限がなければまだ幅は広がり見つけやすいですが、学校区が限定されている、駅を使う、これが近くになければいけない、南向きがいい等、建物同様に土地にしても譲れない条件はあるはずです。

しかし、その理想とする土地がどれほどあるか。

正直なところ理想を100%かなえるような土地が出てくる事は稀だと聞きます。

タイミングも重要!

そしてタイミングも重要。

探している土地がいつ出て来るかは誰にもわからないんです。

となると、建物だけをけいやくしてしまったらどうなるかは必然的にわかるかと思います。

下見程度、ある程度の絞り込み等であれば見学もおすすめできます。

ですが、まずやるべき事は土地を探す事。

近くの不動産会社を訪れ、土地を紹介してもらう事です。

もちろん、ハウスメーカーでも土地を紹介してもらえますが、建築屋が自社で土地を保有している場合もありますが、だいたいがその会社から不動産会社へ問い合わせ、希望条件を伝えて土地を紹介してもらうといった流れになるので、詳しく聞きたいのであれば、やはり不動産会社に直接訪れるのがおすすめです。

不動産会社と聞くと、少し敷居が高い気もしますが、意外とアットホームなお店もあったり、老舗で色々な情報も持ってたりしますので、参考にはなります。

また、建物についても詳しいので建築についてはもちろん、住宅についても相談できるお店はたくさんあります。

不動産会社自体が建物を建築する、請け負うといったお店もあります。

1社だけでなく色々訪れてみると、それぞれの不動産会社で依頼されたばかりの物件等にも出会える可能性があります。

せっかく夢である注文住宅を建てるなら、理想がたくさん詰まった家にする、それをかなえるには、質が良くてお得である事に越したことはありません。

ひとつの選択肢に捉われず、色々幅広くあるという事を念頭に置き、色々調べる、訪れる、比較する、そして何が自分の中で不要な理想か必須な理想かを振り分けていく事がポイントとなります。

また、建てる事だけでなく、その後の資金計画も念入りに行う事もポイントです。

家も消耗品。

であれば維持費はかかります。

限りある費用の中で自分だけの家、理想の家をかなえる為に、建築等の費用はもちろん、毎月の収支の整理や把握、シュミレーションもしっかり行い、新築完成後、快適で一生暮らせる家を東新住建で手に入れましょう。

東新住建

福岡県で注文住宅を購入するなら長崎材木店がおすすめ

マイホームを購入する際、今も昔もマンションにすべきか一戸建てにすべきかで悩む人が多いです。

ですが家の基本である、住み心地の良さを手に入れたいなら一戸建ての購入がおすすめ出来ます。

確かにマンションの場合は物件数が多いだけに、一戸建てよりも販売価格が安い上に、駅や商業施設から近いといった形で、利便性の優れた物件が多いです。

ですが、その一方で集合住宅であるため、壁や床を隔てた直ぐ向こう側に別の家庭が暮らしています。

お陰で騒音問題が起き易く、騒音を出さない様に注意しなければならなかったり、逆に隣近所の騒音に悩まされるケースが少なくないです。

特に小さな子供がいると、大きな声で叫んだり、飛び回ったりして騒音を生じさせてしまいます。

その点、一戸建てならば、隣近所ともある程度離れているので、騒音問題が生じ難いです。

お陰で子供を伸び伸びと育てられるので、魅力的です。

そして一戸建てを購入する際は、建売ではなく注文住宅の購入がおすすめ出来ます。

注文住宅ならば購入者やその家に暮らす家族の希望を取り入れた、拘りの家を手に入れる事が可能です。

ただし注文住宅は、ただ希望を反映するだけでなく、暮らしの快適さと両立させた家を造る必要があります。

そういった点から、福岡県で注文住宅を購入するなら、長崎材木店がおすすめです。

長崎材木店は、その家で暮らす家族のライフスタイルに合う家を、実現してくれます。

しかも暮らす上での快適さもしっかり加味し、風通しや採光に優れた家を造ってくれるのです。

長崎材木店の公式サイト

そんな長崎材木店で造られた注文住宅の快適さは、公式サイトをチェックすれば理解出来ます。

というのも公式サイトでは、注文住宅の施工事例が数多く紹介されており、如何にこの住宅メーカーが快適で住み心地の良い家を実現しているかを、詳しく確認する事が可能です。

どの家も風通しが良かったり、自然光を上手く取り込む等して、開放感があったり住み心地の良さそうな家ばかりだったりします。

更に長崎材木店は、名前の通り、木という材料に拘って家造りを行っている点も魅力的です。

というのも木材を積極的に活用する事で、木が持つ癒やしの力を活用して、寛げる家を造り上げてくれます。

しかも木材というのは、強度も優れているので、地震の揺れにも屈しない丈夫で安全な家を手に入れる事が可能です。

長崎材木店の家造りは、そういった災害にも負けない安全な家をお洒落なデザインで、実現可能なのでおすすめ出来ます。

出典:【アットホーム】(株)長崎材木店(福岡県古賀市(古賀))|アットホーム加盟店

仮想通貨の流通を促進するLastRoots

仮想通貨の取り扱いについて

仮想通貨はインターネット上での商取引が増えてきた現代では非常にそのメリットが高いものとして注目されているほか、その価値が安定しているとして投資対象としても非常に魅力的な理由として注目されています。

しかしその取り扱いは非常に難しいものとして認識されているため、その普及にはまだまだ時間がかかるとされているのが実態です。

さらに、仮想通貨自身のアルゴリズムまだ確定されていない面もあるため、様々なところで独自の仮想通貨を設定し利用されている面があり、統一的なインターネット上の商取引においてはその共通性において未完成であると言う感があります。

LastRootsは仮想通貨の普及を通じて商取引の利便性と公益性を高めるために、様々な方策を展開している会社です。

その真の価値が未知数な仮想通貨における利便性や流通性を高めるために、広告宣伝を通じて広く流通を図ったり、また大学などで仮想通貨に関するセミナーを展開したりといった方法を通じて一般の人の知識を深めるといった活動を行っています。

商取引に欠かせない通貨

現代の商取引においては、通貨を利用するのが一般的です。

同じ国内で同じ通貨を使用している同士であればその価値が一定しているためこれを基準にスムーズな商取引を行うことが可能ですが、異なる国の場合にはそれぞれの国の通貨を変換して使用するといった手順が生じるものです。

現代においてはそれぞれの国の通貨を交換する手順において交換レートを基準に変換することが定められており、その交換レートはそれぞれの国の情勢によって刻々と変化するため、実際には安定した取引が行えないと言う欠点があります。

さらに実際の取引と対価の支払いのタイミングがずれた場合にはレートが変動してしまうことになるため、その変動によるトラブルが発生することも避けられません。

特にインターネット上の取引においては実際の取引と通貨での支払いのタイミングが大きく異なってしまうため、レートによるトラブルが発生するリスクが大きいのです。

仮想通貨を利用した取引はインターネット上の取引と同時に支払いが行われるため、タイミングのズレによるレートのトラブルが解消できると言うメリットがあります。

そのためインターネット上の取引においては仮想通貨を使うのが非常にポピュラーになってきている反面、仮想通貨の知識が無いためにその通貨の価値を誤解し大きなトラブル危険性があるのです。

LastRootsは仮想通貨の知識を一般の人に正確に展開することで、仮想通貨の正しい使い方を広めるとともに、よりスムーズな取引を実現するための本来の仮想通貨の価値を高めるための活動を行っている会社です。

省エネにはエスコシステムズ

社名であるエスコシステムズの名前の由来は日本の課題とされている省エネの問題から生まれてきた対策であるエスコ事業が由来となっています。

その仕組みを人同士でつなぎ合って力としていくという思いを理念としており社名にも繋げています。

会社の発足時は4名でエスコ事業を始めましたが短い期間でたくさんの支援者と繋がることができ、日本の様々な地域の知識や経験が豊富な同志とエスコシステムズを設立しました。

株式会社エスコシステムズは東京都の中央区の月島にあり、電気工事業に関わる設計や施工及び保守や、太陽光発電システムなどの住宅用のエネルギー機器などの販売やその取付工事の施工や保守をおこなっています。

また、住宅や住宅設備を企画して設計し、施工やリフォームをしたり、セキュリティシステムの開発や販売や、保守サービスの事業も執り行っています。

さらに、古物営業法に基づく古物商なども行なっています。

代表取締役は岡崎良平となっており、創業は2011年4月です。

社名の由来ともなったエスコ事業とはエネルギーサービスカンパニーの略となります。

エスコ事業を基軸として、家庭や工場などで利用されている光熱費を削減できるような提案をしています。

エスコ事業を上手に利用することで手間暇をかけることなく最新の省エネで創エネで蓄エネである設備を導入することができ、生活費を軽減することができます。

さらに、二酸化炭素の削減や原子力を撤廃するなどの日本が描いている社会に向かって貢献することが可能となります。

エスコサービスの概要

エスコサービスでは省エネで創エネで蓄エネである設備や機器を導入すると家庭のランニングコストを下げることができます。

その削減できたランニングコストをさらにエネルギーサービスの設備や機器のイニシュアルコストに充てることでランニングコストと共に月々の支払いに対応できるようになります。

導入にかかるコストを初めに用意することも必須ではなく、最終的なコストが初期費用がただであるということになります。

多様な補助金も有効に利用することができ、利益を大きくあげることも可能となっているのがこのサービスの最大のポイントとなっています。

省エネ診断士が在籍しているため、電気代やガス代、水道代等のランニングコストを削減したかったり節約する場合に利用できます。

オール電化を基軸として蓄電池を販売したり設置を手がけてもいます。

依頼者の要望や状況に合わせて1つ1つに最適なサービスを提供しています。

なぜ宇都宮と浜松で餃子が有名なのか、その違いは?

日本における餃子の消費が多い地域

日本で餃子の消費が多い地域として、栃木県の宇都宮市と、静岡県の浜松市が有名で、その消費量の日本一を常に争っていることは有名です。

宇都宮といえば和商コーポレーションの餃子が美味しくて有名ですね。

和商コーポレーション

でもなぜ、この地域で餃子の消費が多いのでしょうか。

宇都宮では戦時中、日本陸軍でも永らく中国の満州に派遣されていた部隊が宇都宮市にありました。

満州で戦った兵士が満州で食べていた餃子をよく食べるようになったことがその始まりとされています。

しかし、それだけでは現在のような消費量日本一にまでは発展しません。

栃木県はさらに、材料であるにらは年間生産量全国のトップクラスの生産量を誇っていることも要因となったようです。

さらに、栃木県はこれといった観光地や名産品がありませんでした。

自治体の活性化のためには名産品は欠かせません。

そこで、注目されたのがギョウザでした。

1990年からの町おこし政策の一つとして発展し、現在に至っています。

その経過の中では宇都宮駅前にギョウザの石像が建てられるなど官民一体となって町おこしが行われています。

一方、浜松も同じように中国がルーツとなっていますがその歴史は宇都宮よりも古く、大正時代にさかのぼります。

浜松にはもともと、中国人が多く中華料理店を営んでいたところも少なくありませんでした。

そこでは中国の本来の水餃子ではなく、大正時代から焼いたものが提供されていたようです。

戦争を経てその流れは受け継がれ、また、隣の県である愛知県では材料であるキャベツの生産が盛んであること、また、浜松市内ではもともと養豚業が盛んであることから材料の調達がしやすかったこともあげられます。

こう見てみると、基本的な両地域の特徴が似ていて、もともとギョウザを食べる地域であると同時に周辺に材料が豊富にあったということが理由のようです。

地域ごとの特徴

それぞれの地域のギョウザにはそれぞれの特徴があります。

宇都宮では使う野菜は白菜がメインとなりますが、浜松ではキャベツと玉ねぎがメインとなります。

さらに、使われる餡になかに混ぜられるお肉の配合比率も違います。

宇都宮の方が野菜の比率が高く浜松のほうがお肉の比率が高くなるようです。

浜松の養豚業が盛んなことが理由にあるのかもしれません。

もう一つ、大きな違いは食べるときの付け合わせです。

宇都宮では付け合わせがほとんどないのに対して浜松では軽く茹でたもやしの付け合わせが付いてきます。

いずれにせよ、どちらの餃子も特徴があり、とてもおいしいものです。

これからも切磋琢磨しながらそれぞれの食文化を盛り上げていってほしいものです。

開店祝いに花を贈って喜んでもらうために

知人や友人、取引先が新しい店舗を構えた場合、支店をオープンさせた場合には、お祝いを贈るといいでしょう。

親族の場合は、金一封でも構わないですし、気のおけない友人に贈る場合に、好みの品がわかっているため、趣味にあった時計などのインテリア用品でいいのでしょう。

しかし、目上の方、知人や取引先の場合には、失礼になる恐れがありますし、趣味嗜好がよく分かっているわけではないので、ありがた迷惑ともなる可能性があります。

そうしたケースでは、開店祝いにお花を贈るのが無難でしょう。

花の贈り物は、雰囲気が明るくなりますし、新装開店の相応しい華やいだ場となります。

路面店で、店の前に大きなスペースがある場合は、大きな花のスタンドが開店祝いに適しているでしょう。

店舗の目印ともなりますので、来店するお客様もわかりやすくなります。

スペースがない場合や、テナントの中に店舗が入っている場合は、店内に飾れる大きさの小規模なスタンドのアレンジメントを贈るか、鉢植えやカゴにアレンジされているものを選ぶといいでしょう。

店内に飾ってもらえるように、場所を取らないことも大事ですが、花びらや花粉が散るものは、あとの掃除が大変ですし、商品やお客さんの衣服を汚してしまう可能性もあります。

また、水やりなどの世話が大変なものは、手間もかかりますし、匂いの強いものは、直接窓の開け閉めができない所は、香りが強すぎて気分を悪くする方が出てくるかもしれません。

できれば、観葉植物など、手入れが少なくてもいいものや、胡蝶蘭のように香りがほとんどなく、咲く期間が長く楽しめ、花粉が散らない手間がかからないものが向いています。

どうしても好みの種類を贈りたい場合は、もらう側の手間をかけぬように、プリザーブドフラワーのような加工されているものを、開店祝いに贈ると喜ばれるでしょう。

開店祝いを贈る場合には、火事や商売の赤字を連想することから、赤いものを避ける傾向にあります。

相手側が赤い色が好きな場合を除き、花の色をすべて赤色で統一することはなるべく避けた方がいいでしょう。

縁起を気にする方も多いです。

電力自由化~その内容やメリット、デメリットなど

まず電力自由化とはそもそも何かと言うと、これは簡単に言うと、電力の販売が自由化されたと言うことです。

これまで日本においては、家庭向けに供給されている電力の販売と言うのは、限定された企業によってのみ行われていました。

そしてその企業は各地域ごとに管轄を持っていたため、ある地域に住み電気を利用することになったら、その地域を管轄している企業が販売している電気会社と契約するしかないと言うのが、従来の状況でした。

そこでこうした状況を改め、限られた企業以外の企業も電力販売に参入できるように変更されたと言うのが、電力自由化です。

実はこの仕組みは、日本においては工場やデパートと言った、比較的、電力使用量が多い施設に対しては既に導入されていたことでした。

これが今回、一般家庭に向けても解禁されたのは、電力販売市場を開放することで競争原理が発生すること、また電気事業における資源配分の効率化を目的としているためです。

■電力自由化のメリット

では電力自由化によってどのようなメリットが期待できるかと言うと、ひとつは市場開放によるサービスの充実です。

従来は電力販売市場は閉鎖的であったため、それを扱っていた企業は何もしなくても、自然に利用者を獲得できるような状態でした。

しかし市場が開放され新たな企業が相次いで参入したことは、利用者にとっては選択肢が多くなったとも言えます。

そのため何かしなければ利用者が次々、別の企業に乗り換えてしまうことも考えられます。

これは従来、電力販売を一手に担ってきた企業に関しては勿論のこと、それ以外の企業に対しても言えることです。

その結果、利用者獲得のために各社が魅力あるサービスを提案する傾向が高くなると言うのが、大きなメリットだと言えます。

実際、ネオコーポレーションなどのように新たに電力販売に参入した企業の中には、自社が元々扱ってきていたサービスと電力販売を組み合わせて、より利用者にとって魅力的なプランを用意しているところも少なくありません。

たとえばガス会社であれば、電力とガスをセットで契約することで、そのどちらの基本料金も安くなると言った内容のプランです。

スーパーなどの小売業の中には、電気料金にも、そのお店が独自に発行しているポイントなどがつくと言うプランを用意しているところもあります。

そもそもとして、電力販売市場が開放されたことで、電気料金を自由に設定できるようになったわけですから、これだけでも利用者にとっては嬉しいことだと言えます。

■社会全体の省エネ効果も期待できる

そして多彩なサービスが増えることは、社会全体の省エネに対しても効果が期待できると言うのも、メリットのひとつです。

たとえば皆が多く電力を利用することが予想される時間帯に電気料金を高めに設定し、逆にそれ以外の時間には非常に安い価格に設定したプランがあるとします。

そしてそれを販売している企業が、それを宣伝に利用しながら、できるだけ安い時間帯に電力を使うように誘導すると、使用電力のピークを分散させることにもつながります。

その結果、社会全体においてもまんべんなく電力が使用されることが期待でき、環境にとっても優しい状況が期待できると言うことです。

更に利用者も、サービス内容だけではなく電力がどのような方法で生み出されているかと言った情報をもとに電気会社を選択することができると言うのも、メリットです。

たとえば安定性を求める人であれば火力発電や原子力発電で生み出された電気を販売している企業と契約するとか、とにかくエコ第一に考えたい人は、風力発電によって生み出された電気を販売している企業と契約すると良いです。

そしてこのような流れにおいて、より自然に対して負担がかかりにくい発電方法を選択する人が増えれば、それもまた社会全体のエコにつながります。

このように電力自由化のメリットとしては、電力に関するあらゆる面においての選択肢の幅が増えたと言う点が挙げられます。

■電力自由化のデメリット

では反対にデメリットはあるのかと言うと、これは可能性のひとつとして電気料金の値上がりが挙げられます。

実際、電力自由化を導入している諸外国の多くでは、電気料金は、この仕組みを導入した直後は下がったものの、数年後には導入前よりも上がってしまっています。

日本においては、生活する上で欠かすことができない電気に対しての料金は、むやみに値上がりしないよう国によってある程度までは管理されています。

しかしこの仕組みが導入されたことで、その規制自体にも動きが出てきているのは事実です。

そのため将来的にその規制が撤廃されると、サービス選択肢が増加してしまったが故に生き残るために、あらゆる付加価値を付けながら同時に電気料金を値上げすると言う企業が出てきても不思議ではないと考えられます。

そして一社が値上げに踏み切れば、それに続いて他社も値上げに踏み切る可能性も高いです。

また電力を生み出すために必要な資源、たとえば火力発電の場合は原油の価格は、日本だけで決められるものではありません。

そこには世界の経済、政治情勢が大きく関係しています。

よってそれらの変動を受けた結果、やはり数年後には値上がりが余儀なくされることもあると言うのも頭に入れておくべき点です。

茨城県の観光スポット


出典:北茨城市観光協会

茨城県は関東地方の北東に位置する県で、中央部にある水戸市には県庁が置かれています。東は太平洋に面しており、福島県や栃木県、埼玉県、千葉県と隣接しています。

その面積は6,094㎢で、大部分が関東平野に含まれています。茨城県には32市7郡10町2村があります。

地域ごとに大きく分けると、高萩市や北茨城市、日立市、常陸大宮市などの都市がある県北エリアと水戸市やひたちなか市、東海村、大洗町、小美玉市などの都市がある県央エリア、常総市や古河市、八千代市、下妻市などの都市がある県西エリア、土浦市、つくば市、龍ヶ崎市、守谷市、取手市、利根町などの都市がある県南エリア、鉾田市、神栖市、行方市などの都市がある鹿行エリアがあります。

県北エリアにある日立市や県央エリアにあるひたちなか市は、工業化が進んでいる地域です。日立市は日立鉱山から発展した都市で、日本の大手総合電機メーカーである日立製作所の創業の地としても知られています。

また、つくば市は筑波研究学園都市として開発が進んだ地域で、現在では日本最大の学術都市となっています。以前は東京などにあった国の研究機関などを移転し、東京の過密状態を緩和する目的で行われた国家プロジェクトです。

高水準の研究と教育を行うための拠点を形成することも目的としています。世界的な科学技術の拠点になる都市として実績を積み重ねており、現在では数多くの研究者がつくば市で研究を行っています。


出典:東海村

茨城県の県庁所在地でもある水戸市は、日本の特例市の1つです。

水戸徳川家に縁がある土地としても知られており、観光スポットとしては梅の名所として有名な「偕楽園」があります。偕楽園は金沢にある兼六園や岡山の後楽園と共に、日本三大名園の1つに数えられています。

江戸時代、水戸藩の藩主であった徳川斉昭公によって造られた日本庭園です。偕楽園には100種類ほどの梅の木が3000本も植えられています。偕楽園では毎年、2月下旬から3月にかけて「水戸の梅まつり」が開催されています。

「水戸の梅まつり」では、キャンドルライトを使って梅の花をライトアップしたり、茶会などのイベントも行われています。仄かに香る梅は春の訪れを感じさせてくれる花で、毎年多くの観光客が美しい花を見ようと訪れます。それから偕楽園には梅だけではなく、桜やつつじ、萩などの植物もあり、「水戸の桜まつり」や「水戸のつつじまつり」、「水戸の萩まつり」などのイベントも行われています。

また、水戸黄門にちなんだ「水戸黄門まつり」も8月に開催されており、パレードなども行われています。

その他にも大洗町に、大型の水族館「アクアワールド・大洗」もあります。アクアワールド・大洗は、博物館や科学館の展示手法を取り入れた海の総合ミュージアムになっています。


出典:アクアワールド

アクアワールド・大洗では特にサメの飼育に力を入れており、50種類以上のサメを飼育しています。サメはアクアワールド・大洗のシンボルマークでもあります。アクアワールド・大洗には、水族館の中でも最大規模を誇るキッズコーナーもあります。「見て・さわれて・楽しめる」をコンセプトに、海の生き物と触れ合うことができます。魚を模した大きな遊具などもあり、子供が楽しめるエリアとなっています。

そのため子供連れの旅行や観光などの際にはおすすめのスポットです。愛らしいラッコやアザラシ、エトピリカなどの海獣がいる水槽や幻想的な雰囲気を醸し出しているクラゲの水槽、茨城の川を再現している開放的なアトリウムなどもあります。アシカたちのコミカルな動きやイルカのダイナミックなジャンプを楽しむことができるショーなども行われています。

茨城県の観光スポットには、筑波山もあります。筑波山は関東屈指のパワースポットとしても知られており、人気の観光地になっています。筑波山は標高があまり高くないため、初心者にも登山に向いているコースになっています。ケーブルカーやロープウェイなどもあるので、手軽に山頂まで行くことも可能です。筑波山の魅力は、四季折々の花や植物を楽しめるところにあります。

春には桜の花や福寿草、つつじ、ニリンソウ、ヒイラギソウなどの花が色鮮やかに咲いています。夏にはヤマユリやアジサイ、ニッコウキスゲなどの花を見る事ができます。
秋には真っ赤に色づいた紅葉や黄色に染まったイチョウなど紅葉が楽しめます。ジャコウソウやセンブリ、アケボノソウなども花を咲かせています。冬には、一面雪に染まった銀世界を堪能することができます。山頂から見える初日の出も人気です。

茨城県の特産というと、まず思い浮かぶのは納豆です。水戸市は水戸納豆で知られる納豆の生産地です。旅行した際などには美味しい納豆を買うことができますが、納豆はちょっと匂いが気になってしまう食べ物でもあります。

そこで、お土産として人気なのが納豆味のスナックやお菓子です。手軽に納豆の風味や味を楽しむことができます。

ドスパラはパソコンユーザーに寄り添うお店です

・パソコン専門店ドスパラ

ドスパラは、株式会社サードウェーブが運営するパソコンショップです。
パソコンのインターネット販売を実施しているWEB販売事業としてのドスパラと、実際のパソコンショップの店舗としてのドスパラとあります。
それぞれのお店のよいところを示しますので、パソコン購入時の参考にしてください。

まず、インターネット販売でも、実店舗での販売でも、パソコンはドスパラオリジナル製品となります。
このため、家電量販店で販売されているような有名メーカーのパソコンと比較すると、価格的にお安いものが多いという特徴があります。
これを踏まえて、インターネット販売でのメリットですが、部品単位でのカスタマイズが可能という点です。

オリジナル製品であるからこそ、このようなカスタマイズができるというのは、非常に大きな特徴であると言えます。
どのような部品をカスタマイズできるかというと、例えばパソコンの脳にあたるCPUをより速いものに交換したり、故障率の低いハードディスクであるSSDに変更したり、ハードディスクの容量を大きいものに変更したりと、基準パソコンからの部品変更が可能であるため、自分の使い勝手に合わせたパソコンを購入することができます。

予算にあわせて、自分オリジナルのパソコンを作成できるというのは、大きな利点ではありますが、一方で、詳しい人でないとなかなか購入が難しいというのがあるかもしれません。

あまりパソコンに詳しくないという人は、実際の店舗での購入がおススメです。

ショップには、パソコンに非常に詳しい、いわゆるパソコンのプロが常時いらっしゃいます。

スタッフさんは、購入時の相談に気軽にのってくれるため、使い方と予算を伝えれば、どのパソコンがよいか選定をしてくれます。
店舗には、インターネットと同等の値段で商品が販売されておりますが、既に商品としては完成品の状態で店舗に置かれているため、部品単位でのカスタマイズはできません。
つまり、在庫品からの販売となります。

しかしながら、交換部品は大量に店舗で販売していますので、部品を購入すれば、自分だけのカスタマイズパソコンも作ることが可能です。
このように、

インターネットでの購入がちょっと難しいなという方には、実店舗での購入がオススメであると言えます。

・パソコン診断サービス

また、実店舗ではユーザーにとって非常にありがたいサービスも実施しています。
このサービスとは、「パソコンワンコイン診断サービス」です。

パソコンが調子悪い、遅い、動かなくなった・・・などといった症状に陥った場合に、店舗にパソコンを持ち込めば、500円で症状の診断をしてもらうことができます。
診断がメインとなりますので、修理となった場合には別途料金がかかることとなりますが、店舗では修理も請け負ってくれるため、非常に安心です。

しかも、ドスパラでの購入パソコンでなくても、診断や修理対応をしてくれるところがすごいところなのです。
NECや富士通などのパソコンや家電量販店で買ったパソコンであっても問題ありません。

パソコンであれば、なんでも対応してくれるのです。
とてもありがたいサービスであると言えます。
実店舗は、全国に19店舗となっています。

お近くに店舗があれば、ぜひとも利用をおススメしたいですが、近くに店舗がないという方もいらっしゃるかと思います。
実は、このワンコイン診断サービスは、パソコンを店舗に発送しても対応してくれます。
ただし、送料はかかってしまいますが、お近くに店舗がない方にとってもありがたいサービスです。

この場合、パソコンを梱包し、インターネットで診断申し込みをします。
自分で発送してもよいですが、ヤマト運輸が自宅までパソコンを取りに来てくれる引き取りプランもあります。
発送パソコンであっても当然どこのメーカーのパソコンであっても対応してくれます。

パソコンユーザーの困りごとに寄り添って対処してくれる、ありがたいお店です。

・ドスパラのコレクトセンターについて

最後に、コンタクトセンターの紹介です。

これまでご紹介してきた内容について、事前相談がしたい方には、コンタクトセンターへのお電話がおすすめです。
コンタクトセンターは平日9時から21時まで受け付けしており、受付時間が非常に長いのがうれしいところです。
しかも、土日祝日も受付時間は短いものの、受付してくれています。(10時~18時)

もし、ワンコイン診断サービスを行う前に、不明点を確認しておきたい方や、インターネットで商品を買う前に少し商品の確認をしたい方へはおススメのサービスです。
実際、パソコン故障を自分で直そうと思ったときに、どの商品を買ったらよいか悩んだときに、コンタクトセンターにお電話したところ、非常に丁寧に商品選びのお手伝いをしていただいたことがあります。

電話対応であっても、お客様に寄り添う姿勢に、非常にうれしいところです。

一方で、このドスパラのコレクトセンターについての評判がよく話題にあがります。具体的には「対応が悪い」というものです。

しかし、詳しく話しを紐解いていくと、

大半は悪質なクレーマーによるものだと分かります。
下記をご覧ください。

彼らの特徴をまとめると。

  1. 要点が抜けている <- 不都合を隠し嘘をついて賛同や同情されたい
  2. 文章力が小学生並 <- 嘘と感情入りなので日本語がおかしくなる
  3. 自分は絶対悪くない <- 突っ込まれたくないので強調してしまう
  4. 人間として低レベル <- 見た目は大人、頭の中身は子供レベル
  5. 自然に墓穴を掘る <- 自分がパソコン初心者と気付いていない

出典:ドスパラ 評判

上記のようなクレーマが書く評判がネットには溢れています。
しかし、内容は稚拙なもので、参考にはなりません。

利用したことがあるから分かりますが、非常に丁寧な対応をしてもらえるコレクトセンターのサポートでした。

以上のように、ドスパラはパソコンユーザーに寄り添って対応してくれる親切丁寧なパソコンショップです。

▶最新ニュース
ドスパラのVR体験施設に新コンテンツが追加 座席が動きリアリティが向上

リフォームしてみよう

念願のマイホームを手に入れて、夫婦として暮らし、また子供に囲まれて家族で幸せな家庭を築いている方もいるでしょう。

仕事をして疲れて帰っても、家族、そして自分の家に帰ってきたときの安堵感などもあり、家族での食事、また、入浴によって、一日の疲れをとり、精神的にもリラックスすることで、ストレスなどの緩和にもつながります。

そのように、日々、暮らしている自宅でも、ある程度の年数が経過することにより、経年劣化、老朽化などにより、外壁、屋根、また、室内においても使い勝手が悪い部分や水周りなどの汚れ、サビ、カビ、また、使用している部分などの劣化なども出てきます。

定期的に清掃をしていても、長年、使い続けていることによるものは、なかなか落ちにくく、掃除などでも限界があります。

室内においても壁などにも汚れがめだったり、部屋の仕切りの部分なども、生活をしていくうちに、傷や破れなどが目立ってきたりするものです。

このように、さまざまな部分が長年、住み続けていたことでダメージ、または老朽化していきます。

また、住む時には気づかなかったことも、実際に暮らしてみることで気づくこともあります。

特に水周りなどにおいては、使用してみることでちょっと使い勝手が悪い部分や不満な点なども出てくることがあります。

このように、汚れ、または劣化をどうにかしたい、または、暮らしていることで気づいた点を改善したいなどさまざまな思いを抱く方もいるでしょう。

そのような場合には、自宅のリフォームをしてみるといいでしょう。

リフォームをする場合には、業者に頼むことで、自分の不満な点を解消すべく、専門家によるリフォームをしてくれます。

それなりに料金はかかりますが、それなりに納得のいく仕上がりも期待することができるでしょう。

また、自分で不満点や汚れ、劣化を解決したいなどの場合には、自分で行うこともできます。

ある程度器用な方ならば、ホームセンターなどで道具をそろえ、また材料なども、準備することができれば、業者に頼むより安くで済む可能性はあります。

ただし、自分でやる場合には、専門家ではないため、ちょっとした寸法違いやイメージどおりに仕上がらない可能性もあるので、趣味として、また、日曜大工などの延長として、ゆっくりと時間をかけて家族と相談しながら、楽しみつつ自宅内などの改装をしてみるのもいいでしょう。

試行錯誤をしながら、いろいろと家族と協力し、ある程度の仕上がりになれば、いい思い出にもなるでしょう。

ただし、自分のできる範囲内で行うのはかまいませんが、ちょっと技術的に難しい、自分には難易度が高いと感じるものに対しては、無理をせずに業者に依頼するほうがいいでしょう。

ミスをして、取り返しのつかない状況にしてしまうと、困ったことになってしまいます。

リフォーム代などをある程度節約しようとして、自分でがんばってみたものの、結局失敗に終わり、よけいに料金などが高くついてしまったなどということがないように、自分でできる範囲、そして、業者に頼んだほうがいい場合など、状況、または、自分のスキルに関してもしっかりと考慮して判断することも大切です。

業者にリフォームを依頼する場合には、一つの業者だけでなく、いくつかの業者を選び、見積もりを出してもらうといいでしょう。

複数から見積もりを出してもらうことで、料金などがどの程度かかるものなのか、また、業者ごとに料金の差などが比較しやすくなるため、いろいろと判断基準として利用できます。

また、一社からの料金の提示では、相場の把握がしにくいため、高い料金なのか、安い料金か判断しにくくなるのを防ぐためでもあります。

いくつかの業者から条件、料金などを比較して納得がいく業者を選択しましょう。

また、インターネットなどで、業者の情報を集めてみたり、評価や口コミ情報などを調べてみることで、これも参考になるので、そのようなものを見つけた場合には、一応チェックしてみましょう。

インターネットなどで、業者を検索すればいくつもの業者をピックアップできるでしょう。

比較的簡単に業者を探すことは可能ですが、隣近所、また、友人、知人などで知り合いの業者などがいる場合には、紹介してもらうという手段もあります。

紹介などがある場合には、そのほうがある程度安心して任せることができる場合もありますので、インターネットなどで調べる前に、いろいろと周囲にいる方たちに、いい業者を知らないか聞いてみるのもいいでしょう。

業者を選択し、実際にリフォームをしてもらう場合には、業者との話し合いをしっかりと行いましょう。

また、予算的なもの、そして、もし実際に作業をしていくうちに予算をオーバーする可能性、また、オーバーする場合にはどの程度になるのかなど、いろいろと確認をしておくことも必要です。

実際に作業後に食い違いなどにより、トラブルにならないように、最初の段階で疑問に思うことなどはしっかりと話し合いをしておきましょう。

 

<ピックアップサイト>
マイランドリフォームのインテリア実例