不動産関係の仕事ってやりがいがありそう

先日、新居を探しに不動産屋に行って担当の方にいろいろとお世話になりましたけど、不動産のお仕事はやりがいのあるお仕事なんじゃないかなと思いましたね。

お客を目の前にしてお仕事する訳ですから、お客の反応をダイレクトに見れます。

喜んでくれているのであれば良さそう場物件ということですし、逆にあまり喜んでくれていないのであれば思っていたものと違うってことですよね。

その日自分も3軒くらい内覧させてもらったんです。

嫌な顔一つせずに昼過ぎから夕方までお付き合いしていただいて、それでも即決は出来なかったんですけど、「またいらして下さい」って声をかけてもらいました。

自分のお仕事が直接お客さんと顔を合わせる者ではないだけに、お客さんのダイレクトな反応を知れる業種には憧れのようなものが芽生えるんですよね。

それに営業成績とかもあるみたいですし、それによって報酬も変わるみたいですからいろいろとやりがいがあるんじゃないかなとも思いました。

自分も独身なら思い切って飛び込んでみるのも悪くはないのかなと思いましたよね。

自分はお客という立場ではあったんですけど、こちらの希望を聞いて、どのような物件が良いのか候補を出す。

それで相談して、実際に足を運んでみてもらう。

予算との兼ね合いもあるでしょうけど、自分が提案した所に住んでもらうのって報酬とかじゃなく、嬉しいものなんじゃないかなとも思いました。

今はまだ転職の事なんて何も考えていないですけど、もしもこの先転職を考える事があったら、不動産業界も悪くはないんじゃないかなと思いました。

お金も大切ですけど、やりがいも大切だと思うんですよね。

実際のところ、やりがいがないと自分自身のモチベーションを保つのが難しいじゃないですか。

特に今の自分のお仕事は額はそれなりに良いんですけどやりがいって点ではそこまでではないんですよ。

だから余計、この前担当してくれた不動産屋の方が眩しく見えたのかもしれませんが。

 

スポンサー広告
長野市 不動産屋